株式会社ナショナル鍛工所
お客様の鍛造品に対するニーズに 豊富な経験と実績でお応えします
セクション 企業コンセプト
伝統の技術力と最新の設備からうまれる信頼性

当社は中型部品の熱間型打鍛造をはじめ、特にステンレス鋼による理美容鋏、医療用鋏等の小物精密鍛造を得意としております。近年、付加価値ある鍛造品を目指して、機械加工設備を導入し、お客様のあらゆる多様化するニーズにお応えすべく、日々、加工技術の向上、開発に努力しております。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
4
スライド1
セクション 企業情報
企業名株式会社ナショナル鍛工所
代表者石田 恭代表者
公式サイトURLhttp://www.nashonaltankosho.co.jp/
業種その他の製造業
キーワード熱間型打ち鍛造、ステンレス鋼による理美容鋏
事業内容熱間型打ち鍛造
所在地〒992-1128
山形県米沢市八幡原2-4616-4 [地図(Google)]
アクセスマップ
連絡先・担当者後藤 政春
設立年度昭和19年5月
資本金1,000千円
従業員数15人 (男:12人 女:3人)
取引銀行荘内銀行、きらやか銀行
主な取引先日本鋼製医科器械同業組合
主な受注項目鍛造
主な発注項目鋼材
セクション アピールポイント
  • 日本鋼製医科器械同業組合の一員として、医療分野における鋼製小物において豊富な経験と実績があります。
  • アルミ以外何でも鍛造します。
  • 理美容鋏、医療鋏・鉗子等は、図面がなくても柔軟にオーダー対応出来ます。
  • 金属製作から鍛造まで自社内にて一貫した生産システムを構築しております。
  • 最小100g〜最大10Kgの小ロットでも受注可能です。
セクション 製品
  • 医療鋼製小物
  • 理美容鋏
  • 架線金物
  • 自動車部品 ボルト・ナット(つり金具)
  • 建設機械
  • その他
セクション 設備
機械名 メーカー型式数量
空気スタンプハンマー--3台
電気加熱路--1台
高周波誘導加熱炉--1台
重油加熱炉--1台
重油回転炉--1台
ガス炉--1台
コンプレッサー--3台
プレス--12台
ショットブラスト--2台
放電加工機--1台
金型製作用設備--1台
スキ鋏目切加工機--2台
セクション 沿革
昭和19年 5月東京都足立区小台で創業 西洋剃刃、医療器具の小物鍛造を 主とする
昭和26年6月〜昭和39年5月増資及び諸設備の拡充に励み、オートバイ部品(本田)、自動車部品(日産)の各分野を開拓
昭和41年 4月埼玉県北本市に工場移設 新鋭設備に一新し、品質保証体制を固める
昭和49年昭和49年 春 オイルショックを転機に、刃物、小物鍛造に全力を傾注
昭和50年下期 昭和51年 3月以降現在デタッチャブル、チェン(日立金属) の量産化試作に成功 継続受注中
昭和55年 8月山形県米沢市の八幡原工業団地に全面移転し、需要先のご要望にお答えできるよう設備の充実、品質と生産性の向上に努力を続けております