東北パイオニア株式会社米沢事業所OLED事業部
「より多くの人と、感動を」
セクション 企業コンセプト
すべての社員の、お客様視点に立ったプロ意識を結集し、イノベーションに挑戦しつづける企業

昨今あらゆる機器の高機能化・情報化が進み、インターフェースとしてのディスプレイの重要性が高まっています。
東北パイオニアOLED事業部では、時代のニーズにマッチした新しいディスプレイである有機ELを開発・販売しております。有機ELは、明るく鮮明・視野角が広い・薄く軽い・消費電力が少ない・応答速度が高いなど数々の優れた特徴をもっています。パイオニアは、1987年コダック社 C.W.Tang らによって示された、薄膜積層構造による有機ELの研究に着目、いち早く量産化開発に取組み、1997年東北パイオニアにて世界初の有機ELディスプレイの量産に成功しました。
現在、携帯電話やカーステレオをはじめ、さまざまな機器への搭載が進んでいます。
これからも、これまで培った技術をもとに、ディスプレイの新たな価値をお客様に提供してまいります。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
スライド1
セクション 企業情報
企業名
ロゴ東北パイオニア株式会社米沢事業所OLED事業部
代表者常務取締役事業所長 猪鼻 治行
公式サイトURLhttp://pioneer.jp/topec/
業種電気機械器具製造業
キーワード有機EL、ディスプレイ用パネル量産、世界初
事業内容東北パイオニア米沢事業所OLED事業部では1997年世界初の有機ELディスプレイ量産化に成功して以来、有機ELディスプレイの開発から設計・生産・販売まで一貫して行っております。
所在地〒992-1128
山形県米沢市八幡原四丁目3146の7 [地図(Google)]
外観アクセスマップ
連絡先・担当者総務課
設立年度昭和56年 4月
資本金10,800,000千円(天童本社)
従業員数239人 (男:165人 女:74人)
本社東北パイオニア株式会社 山形県天童市大字久野本字日光1105番地
主な取引先パイオニア株式会社、国内外自動車メーカー、国内携帯電話メーカー ほか
セクション アピールポイント
  • 塗り分け技術
  • カスタムディスプレイ
  • カラー表現
  • IC搭載形態
  • 営業販売部門/有
  • 研究・開発部門/有
  • 産学官交流/有 米沢電機工業会 八幡原企業協議会
セクション 製品
  • 有機ELディスプレイ
セクション 沿革
昭和41年パイオニア株式会社の出資により、スピーカーの専門工場として山形県天童市に設立
昭和56年米沢工場竣工 スピーカー省力化ライン稼動開始
平成 9年世界で初めて有機ELの量産技術開発に成功
平成11年有機ELの量産開始、カーオーディオ用として出荷
平成12年携帯電話用メインディスプレイ(北米向けエリアカラー)供給開始
平成14年携帯電話用サブディスプレイ(フルカラー)供給開始
平成16年車載用パネル供給開始、有機ELパネル出荷総累計 1,000万台
平成20年有機ELパネル出荷総累計 5,000万台
平成22年大型映像装置用パネル供給開始
平成24年 2月有機ELパネル出荷総累計 1億台突破
セクション 認証・許可・保有特許・取得資格・免許等
  • 平成11年 6月 ISO 14001認証取得