齋英織物有限会社
伝統の織と染で新しい米沢織を創る
セクション 企業コンセプト
織り手の温もりが伝わる“きもの”、着られる方を優しく包み込む“きもの”、そんな「きものづくり」をめざしています。

自然豊かな米沢の草木で染めた絹糸を、糸に優しい木製織機で“きもの”を織り上げております。 また、帯専用織機を所有しており、八寸名古屋帯の生産が得意です。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
スライド1
草木染
セクション 企業情報
企業名齋英織物有限会社
代表者代表取締役 齋藤 英助代表者
業種繊維工業
事業内容絹織物製造業
所在地〒992-0054
山形県米沢市城西4丁目5-58 [地図(Google)]
アクセスマップ
連絡先・担当者常務  齋藤 勝廣
設立年度昭和29年9月
資本金3,000千円
従業員数8人 (男:4人 女:4人)
取引銀行山形銀行
米沢信用金庫
セクション アピールポイント
  • 熟練技有り
  • 試作・単品もの得意
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 短納期可能
  • 複合加工対応可能
  • コスト競争力可能
  • 自社オリジナル製品有り
  • 高品質得意
  • 多様な要望に対応可能
セクション 製品
  • 紬着尺、八寸名古屋帯、袋帯、角帯、 紅花染各種製品
セクション 設備
機械名
◇ 紬用織機
◇ ドラム式整経機
◇ 草木染設備一式
セクション 沿革
大正12年 織物業創業
昭和29年齋英織物(有)設立
セクション 認証・許可・保有特許・取得資格・免許等
  • ◇ 平成18年10月 経済産業大臣指定 伝統的工芸品「置賜紬」伝統織物工場