株式会社東匠猪俣
確かな技と真心で衣の未来を創造する― 米澤織機屋(アパレルメーカー)
セクション 企業コンセプト
米澤織の歴史と文化を経糸に、技と熱意を緯糸に先染絹織物を中心に世界に通用する機屋を目指しています。

弊社では呉服、服地部門があり、小巾から広巾、ダブル巾まで多種多様の織物を規格製造している機屋です。これから先も国内外に向けて衣の伝統と未来を織物に変えて発信して行きます。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
4
スライド1
呉服部門で主に生産している袴地、きもの時、帯地
セクション 企業情報
企業名株式会社東匠猪俣
代表者代表取締役 清野 榮二代表者
業種繊維工業
事業内容呉服部門 先染絹織物で主に男物きもの、羽織、裏物、袴、手織帯
服地部門 先染絹織物を中心にメンズ・レディス広巾生地

所在地〒992-0023
山形県米沢市下花沢2-1-70 [地図(Google)]
アクセスマップ
連絡先・担当者清野 榮二
設立年度平成10年4月(創業明治29年)
資本金19,000千円
従業員数4人 (男:3人 女:1人)
年間売上高80,000千円(平成22年12月期)
取引銀行米沢信用金庫本店
主な取引先米沢市内買継商
主な受注項目織物製造
主な発注項目織物製造
セクション アピールポイント
  • 高品質得意
  • 多様な要望に対応可能
  • 試織も要望に応じて小巾から広巾まで、ドビー、ジャガードどちらでも可能
  • 熟練技有り
  • 試作・単品もの得意
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 短納期可能
  • 自社オリジナル製品有り
セクション 製品
  • 呉 服  セミフォーマル、カジュアルのきもの羽織地、コート地、手織帯地
  • 服 地  フォーマル関係、レディース(カラー、ブラック)、ジャケット関係、レディース、メンズ(シルクサッカー、シルクモール他)
  • その他  コート地 シャツ等など
セクション 沿革
明治29年家内工業から事業としてスタートする  
戦  後絹織物を主体として婦人服地並びに紳士服地の製造も行う
昭和25年6月、日本天糸総裁として皇太后陛下行啓
昭和34年皇太子妃殿下ご成婚式服の謹製
昭和35年6月、天皇皇后両陛下行幸啓
平成10年猪俣株p業
平成10年資本金1,900万円にて鞄件を設立、猪俣鰍事業継承
平成11年鞄件猪俣に社名変更