株式会社織元山口
匠の技とアート感覚の意匠で応える
セクション 企業コンセプト
伝統の技と最新の技術を融合した特注織物をご提供いたします。

織元山口は米沢織に最新のデジタル技術を融合させた織物を企画開発、制作しています。デジカメからプリンターで写真を出力するように、画像をそのままに織り上げる「PHOTOTEX」という独自技術は高品質、短納期を実現しました。現在、緞帳や祭事・宗教幕などの一点ものから、ストールなどファッション小物のOEM製造など幅広い分野に対応しています。また、PHOTOTEXを用いた織物はアート界から注目されており、米国メトロポリタン美術館への収蔵をはじめとして、世界の新しい工芸美術として受け入れられています。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
スライド1
生地をアップにしてみると、カラーの糸が精密に組みあっているのがわかります。1cmあたりに約100本も入っています。 カラーの織物は下の8色の糸の組み合わせによってフルカラー画像を再現しています。
セクション 企業情報
企業名株式会社織元山口
代表者山口 英夫
公式サイトURLhttp://www.yamakuchi.co.jp/
業種繊維工業
キーワードジャカード織物、復刻再現織物、祭事・宗教用織物、PHOTOTEX、特注織物
事業内容織元山口では独自の特許技術「PHOTOTEX」を用いた、特注織物を制作しております。モノクロームからフルカラーまでデジタル画像を、織物としてそのままリアルに再現。オリジナルデザインによる緞帳の製造を主としておりますが、タペストリー制作やクッションなどインテリアファブリックとして、またストールやトートバッグ、風呂敷等ファッション小物など多様なご要望にお答え致します。一点から受注が可能です。
ジャカード織物/祭事・宗教用織物/復刻再現織物/モノクローム/単色カラー/8色カラー織物
所在地〒992-0077
山形県米沢市簗沢1790-1 [地図(Google)]
外観アクセスマップ
設立年度昭和34年1月
資本金1,200万円
支社・事業所東京ショールーム
主な取引先【 主な所蔵 】
◇ 米国 メトロポリタン美術館 
◇ 米国 Museum of Art & Design 
◇ 米国 ロングハウス財団
◇ 日本司法書士会連合会
セクション アピールポイント
  • 熟練技有り
  • 試作・単品もの得意
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 短納期可能
  • 複合加工対応可能
  • コスト競争力可能
  • 自社オリジナル製品有り
  • 高品質得意
  • 多様な要望に対応可能
セクション 製品
  • テキスタイル/緞帳・舞台幕・ステージ幕・装飾幕 特注織物・宗教向け金襴織物、タペストリー、インテリア用ファブリック、婦人服地・紳士服地
  • デザイン/テキスタイルデザイン、インテリアデザイン、ファニチャーデザイン
  • システム開発/テキスタイルデザインシステム、電子ジャガードコントローラ
セクション 沿革
大正12年山口憲一が山口織物有限会社を設立
昭和34年山口昌二が分家として独立し山昌織物設立
平成10年山口英夫が社長に就任し、株式会社織元山口に改組
セクション 認証・許可・保有特許・取得資格・免許等
  • 平成7年|パルコ アーバナート#4 奨励賞
  • 平成8年|東京テキスタイルデザインコンテスト'96グランプリ・通商産業大臣賞
  • 平成9年|国際テキスタイルコンペティション'97京都 ITF大賞・内閣総理大臣賞
  • 平成19年|ものづくり日本大賞 経済産業大臣 元気なモノ作り中小企業300社に選出 他、多数受賞