小林ベーク製作所
「経験」と「実績」で誠実なものづくり
セクション 企業コンセプト
長年の経験とノウハウでコンプレッション成形のスペシャリストをめざす

 熱硬化性プラスチックは圧縮加熱硬化後は、再加熱しても溶解しないプラスチックです。すぐれた電気絶縁性・耐熱性・機械強度にすぐれ、寸法の安定性もあります。
 フェノール樹脂はもちろん、エポキシ・不飽和ポリエステル・BMC・ユリア・メラミン樹脂の圧縮成形・注入タイプの成形も可能です。
 金型メーカーとのタイアップで、金型の設計から成形・二次加工(仕上げ)まで一貫して生産いたします。近年はレジンペーパーでの成形も行なっております。
セクション 企業紹介(スライド)
1
スライド1
製品群
セクション 企業情報
企業名小林ベーク製作所
代表者代表取締役社長 小林 芳春
業種プラスチック製品製造業
事業内容熱硬化性コンプレッション(圧縮)成形
所在地〒992-0032
山形県米沢市相生町2-22 [地図(Google)]
アクセスマップ
連絡先・担当者小林 芳春
設立年度昭和36年1月
従業員数2人 (男:1人 女:1人)
取引銀行山形銀行
きらやか銀行
主な取引先鰍ゥわでん     潟gプコン山形
鞄幸電機製作所  協和工業
など各社
主な受注項目プラスチック成形
主な発注項目県内・東北・信越
セクション アピールポイント
  • 高精度対応技術力有り
  • 試作・単品もの得意
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 短納期可能
  • コスト競争力可能
セクション 製品
  • フェノール
  • エポキシ
  • 不飽和ポリエステル
  • メラミン
  • ユリア各種樹脂成形・加工
  • レジンペーパー成形可
セクション 設備
機械名 数量
油圧成形機2台
油圧成形機2台
セクション 沿革
昭和36年先代起業
平成5年二代目として創業