株式会社米沢鯉六十里
気候 風土が育んだ米沢鯉は逸品の味
セクション 企業コンセプト
贈ってよろこばれる米沢名産 鯉の甘煮

米沢鯉は、清流と冬の厳しい寒さが鯉の身を締め、川魚特有の泥臭さがまったくありません。更に、米沢鯉は卵から手塩にかけて育てたもっとも美味しい三才鯉であり、これが天下に名を馳せました。
伝統の鯉料理をご賞味いただくには、伝統の日本建築で落着いて食する贅沢な心が必要と思い、飯豊町中津川に二百年構えた商人宿を購入し、古材を利用して店をつくりました。味と館をゆっくりとご堪能ください。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
4
5
スライド1
鯉の甘煮
セクション 企業情報
企業名株式会社米沢鯉六十里
代表者岩倉 利憲
公式サイトURLhttp://www.yonezawa-koi.co.jp/html/indexframe.html
業種食料品製造業
キーワード米沢鯉、鯉の甘煮(うまに)、養殖、加工、販売
事業内容鯉の養殖、加工、販売
所在地〒992-0026
山形県米沢市東一丁目8番18号 [地図(Google)]
外観アクセスマップ
設立年度昭和23年9月
資本金17,000千円
従業員数20人(男:10人 女:10人)
主な取引先●イオン米沢店
● 株ヤマザワ
●マックスバリュ東北
●三越日本橋店
●三越銀座店
● 仙台三越
● 仙台さくら野百貨店
● 中合福島店
● 松坂屋上野店
● やまがたプラザゆとり都
セクション アピールポイント
  • 熟練技有り
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 自社オリジナル製品有り
  • 高品質得意
  • 営業販売部門/有
  • 企画商品開発部門/有
  • 産学官交流/有
セクション 製品
  • 鯉の甘煮(うまに)
  • こいこく
  • まるごと
  • 鯉のきも
  • こいくん
  • 鯉の甘露煮
  • 鯉カレー
  • 子持鮎巻き
  • ごぼう鮎巻き
  • 鮎一夜干し
  • 鮎くんせい
セクション 沿革
昭和23年米沢市雲井町に鯉屋を開店
昭和39年米沢市東一丁目8-18に移転と同時に有限会社米沢六十里養魚場を設立 社長 岩倉 廣設
平成5年代表取締役社長に岩倉公男就任
平成10年社名を株式会社米沢鯉六十里と変更
平成21年代表取締役社長に岩倉利憲就任