笹野民芸館
千数百年の伝統を守る 古代笹野一刀彫
セクション 制作コンセプト
千数百年来、米沢市の笹野に伝承する有名な郷土玩具です。
 千百余年前、坂ノ上田村麻呂が東征の際、戦勝祈願に開基した千手観音と共に信仰玩具として興ったとされています。その後、上杉鷹山公が豪雪にとざされる冬の副業として指導奨励し、技術が磨かれ今日まで継承されています。
 材料は里人がアブラコと呼んでいる野生の喬木で「サルキリ」「チヂレ」という独特の刃物を使って彫り削り、簡単な色彩をつけたものですが、その野趣に富んだ素朴な作品は一種の風格を備えて多くの愛好家から親しまれてきました。
 山形県の奨励品として諸外国にも輸出され、記念品や新築祝、結婚記念、お土産としても大変喜ばれています。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
4
5
スライド1
笹野一刀彫【登録第4488183号】
セクション 工房情報
企業名笹野民芸館
代表者阿部 勇一代表者
業種木材・木製品製造業
キーワード伝統工芸、一刀彫製作、絵付け教室、販売
事業内容一刀彫製作/絵付け教室/販売
所在地〒992-1445
山形県米沢市笹野本町5288 [地図(Google)]
外観アクセスマップ
連絡先・担当者部長 阿部 勇一
設立年度昭和61年4月
従業員数13人(男11人 女2人)
セクション 製品
  • お鷹ポッポ(商売繁盛の守り神)
  • にわとり(早起千両)
  • 恵比寿大黒(福神の守り神)
  • 蘇民将来(無病息災の御守り)
  • 餅つき兎(兎のように努力する)
  • 亀(長寿の御守り)
  • 笠かむり(みの笠を着て農に励む)
  • ふくろう(幸せを呼ぶ鳥)
  • 山鳥
  • 笹野花(火伏せの神花)
  • 尾長どり
  • 丸孔雀
  • セキレイ(子孫繁栄)
  • 干支・その他
セクション 認証・許可・保有特許・取得資格・免許等
  • 笹野一刀彫【登録第4488183号】