有限会社庄司鐵工所
新しい技術への挑戦
セクション 企業コンセプト
精密で綺麗なものづくり

●精密板金加工
弊社は特殊な形状の加工や溶接を得意とし、材質も鉄(SPCC・SPHC等)・ステンレス・アルミ・チタン等ほとんどの材質での加工が可能です。
また、Eメールを利用して図面データ(DXF・DWG等)でダイレクトに受け入れることにより確実なデータ作りが可能になっております。
外注先に加工を依頼する場合も加工データを送り素早い対応が出来るようになっています。

●溶接加工
溶接に関してはJIS検定試験を積極的に受験し、有資格者が作業を行っています。素材も鉄・ステンレス・アルミ・チタン・インコネル・ハステロイなど様々な素材の溶接が可能です。
高耐圧の溶接や鋳物の修理なども行っています。
溶盛に関してはステライト、SKD・SKHなどの肉盛も可能です。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
4
5
6
スライド1
工作機械のカバー
セクション 企業情報
企業名有限会社庄司鐵工所
代表者代表取締役 庄司 恵一代表者
公式サイトURLhttp://www.shoji-tk.co.jp/
業種非鉄金属製造業
キーワード精密板金加工、溶接加工
事業内容精密板金加工
溶接加工
所在地〒992-0026
山形県米沢市東2丁目8−14 [地図(Google)]
外観アクセスマップ
連絡先・担当者代表取締役 庄司 恵一
設立年度平成元年6月
資本金10,000千円
従業員数4人 (男:3人 女:1人)
取引銀行山形銀行、米沢信用金庫
主な受注項目製缶/板金/プレス/溶接/メッキ/塗装/機械加工/特殊加工/金型加工/治工具加工/その他加工
主な発注項目プレス/メッキ/塗装/機械加工/金型加工/治工具加工/その他加工
セクション アピールポイント
  • 高精度対応技術力有り
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 試作・単品もの得意
セクション 製品
  • 工作機械のカバー製作
  • 高耐圧溶接加工
セクション 設備
機械名 メーカー型式数量
NCタレットパンチプレスamadaPEGA2441台
メカニカルシャーamadaM25451台
メカニカルシャーamadaP261台
プレスブレーキamadaRG−1251台
プレスブレーキamadaFBDV−8020NT1台
アイアンワーカーamadaIW−301台
油圧式セットプレスamadaSPH−301台
コーナーシャーamadaCS−2201台
Co2溶接機Panasonic・ダイヘン-5台
TIG溶接機Panasonic・ダイヘン-5台
MIG溶接機Panasonic-2台
交流溶接機日立製作所・ダイヘン-4台
エンジンウエルダーデンヨーDAW−300SS1台
スポット溶接機Panasonic-2台
2D CAD/CAMamadaAP−1002台
3D CADamadaSheetWorks1台
フォークリフト三菱FD251台
セクション 沿革
昭和30年庄司留蔵が創業
昭和45年鉄骨新工場を増設
昭和48年アマダ社製シャーリングP26導入
昭和49年アマダ社製コーナーシャーCS−220導入
昭和52年アマダ社製油圧式プレスブレーキRG―125導入
昭和53年アマダ社製油圧式セットプレスSPH−30導入
昭和56年アマダ社製シャーリングM2545導入
昭和57年アマダ社製アイアンワーカーIW−30導入
昭和58年庄司紘一が代表に就任
昭和63年アマダ社製NCタレットパンチプレスPEGA244導入 同時に自動プログラミング装置CAD−Gも導入
平成元年有限会社庄司鉄工所 設立 庄司紘一が代表取締役に就任
平成 2年自動プログラミング装置AP−40導入 PEGA244と光ファイバーで接続をする
平成 8年会社名を有限会社庄司鐵工所に改名
平成 9年鉄骨倉庫を新築
平成11年アマダ社製自動プログラミング装置AP−100導入 PEGA244とネットワークで接続。 インターネットを開通しE−Mailでの データーを受け入れを始める
平成14年アマダ社製油圧式プレスブレーキFBDV8020NT導入 同時にAP−100をもう一台導入
平成19年アマダ社製3D CAD SheetWorks導入
平成21年庄司恵一が代表取締役に就任