株式会社創成電子
より小さく、より薄く、より高品質なものづくり
セクション 企業コンセプト
商品の品質・性能・コストのDNAは設計で!!

1973年10月設立。開発〜部品調達〜製造〜販売までの一環システムを目的とし、『お客様からの伝票1枚にて必要な製品を、必要な数量だけ、指示された場所へ、定められた品質にて納入する』ことを会社方針とし、現在に至っております。こうしたなか、協力工場の江門創元電子有限公司は、1993年7月中国広東省新会市(現 江門市)に、独立資本で設立に協力しました。
セクション 企業紹介(スライド)
1
2
3
4
スライド1
アルミワイヤーボンディング工程
セクション 企業情報
企業名
ロゴ株式会社創成電子
代表者代表取締役社長 大久保元洋
業種電気機械器具製造業
キーワードディジタル時計、リモコン、健康機器、民生機器、音響機器
事業内容ディジタル時計関連(卓上型クロック 他)
MD/CD 用リモコン
車載用リモコン
健康機器関連(血糖計・血圧計・歩数計 他)医療機器製造業許可取得 許可番号 06BZ20017
民生機器関連(電子辞書・メモリーカード 他)
音響機器関連
屋内配線機器
各種センサー 等
所在地〒992-0025
山形県米沢市通町2 丁目11-2 [地図(Google)]
外観アクセスマップ
連絡先・担当者営業部 加藤
設立年度昭和48年10月4日
資本金30,000千円
従業員数60名 (協力全体:約165名)
関連会社SUNRICH TRADING LIMITED (香富貿易有限公司)、江門創元電子有限公司 (広東省 江門市)
取引銀行山形銀行 米沢金池支店
主な取引先大手電機メーカー、大手時計メーカー、大手医療機器メーカー
主な受注項目設計製図/機械加工/金型加工/電気・電子部品組立
セクション アピールポイント
  • 高精度対応技術力有り
  • ユニット・複合加工対応可能
  • 試作・単品もの得意
  • コスト競争力可能
  • 多品種・少ロット対応可能
  • 自社オリジナル製品有り
  • 短納期可能
  • 営業販売部門/有
  • 研究・開発部門/有
  • 産学官交流/有 山形大学工学部
セクション 製品
  • ディジタル時計関連(卓上型クロック 他)
  • MD/CD 用リモコン
  • 車載用リモコン
  • 健康機器関連(血糖計・血圧計・歩数計 他)
  • 民生機器関連(電子辞書・メモリーカード 他)
  • 音響機器関連
  • 屋内配線機器
  • 各種センサー 等
セクション 設備
機械名 メーカー型式数量
ボンディング関連:クリーンルーム富士テスター-1,000u
ボンディング関連:フリップチップボンダー松下電器FCB-M 1台1台
ボンディング関連:オートワイヤーボンディング超音波工業URB-411A3台
ボンディング関連:オートワイヤーボンディングASMAB509/AB5598台
ボンディング関連:ダイシング装置(株)ディスコDAD−3201台
ボンディング関連:金属顕微鏡ニコン-1台
ボンディング関連:画像撮影装置SONY-1台
成形関連:射出成形機(株)新潟鉄工所NN75HS3台
組立ライン関連:チップマウンターオカノ電機OCM8400U8台
測定・試験機関連:静電気許容度試験機ノイズ研究所ESS-625S1台
測定・試験機関連:高度加速寿命試験器(株)タバイTPC-4111台
金型・治工具関連:NC 放電加工機ソディックEPOC-31台
モデリング マシーンローランドDGPNC-32001台
セクション 沿革
昭和48年10月資本金2,000万円で創立 “光”時計の製造を開始
昭和54年 2月自主経営体制にて独立 時計の商品企画、開発から製造、販売までの一貫体制をとる
昭和54年 4月東京事務所を開設
昭和60年 4月本社・研究所を竣工し、クリーンルームを増設
平成 4年 8月香富貿易有限公司の設立への協力 (香港九龍)
平成 5年 7月新会創元電子有限公司を設立へ協力、操業開始(旧 中国広東省新会市)
平成 9年 1月中国 新会創元電子有限公司の新 社屋建設を開始
平成10年 4月中国 新会創元電子有限公司 新工場の稼動開始
平成15年 1月中国 新会創元電子有限公司において、地名変更に伴い社名を江門創元電子有限公司に変更
平成22年 6月医療機器製造業許可取得(薬事法QMS) 
セクション 認証・許可・保有特許・取得資格・免許等
  • 許可番号 06BZ200017
  • 医療機器製造業許可証取得